ダイワボウグループ 公式採用サイト

先輩社員紹介/Member

ダイワボウノイ株式会社
ライフスタイル部 リビング機能製品課
立教大学 法学部 卒業
S.N

S.N

ダイワボウノイ株式会社
ライフスタイル部 リビング機能製品課
S.N立教大学 法学部 卒業

現在の仕事内容

 私は2013年に入社しました。
 現在は寝装・インテリアに関係する商材の営業を担当しています。


 取り扱う商材は、テキスタイルなどの原材料からカバーなどの最終製品まで多岐にわたり、取引先は商社や小売店などです。
 営業スタイルは、企画・提案型営業が主ですが、あらかじめ決められた商材を販売するということはほとんどありません。例えば、新たに寝装用カバーの要望があった場合は、お客様の希望する素材や機能・柄イメージを聞き、要望に合った商品を工場と相談しながら開発していきます。また受注後も、品質や納期を守れるか工場と密に確認を取り合い、商品が期日までに納品できるよう調整しています。工場は中国などの海外が主となるため、年に数回は現地まで出張して、打ち合わせを行います。


 企画・開発、販売、生産・管理、納品まで、すべて営業としての私の仕事です。営業という仕事は窓口として社内外含めてたくさんの人と関わります。関係する人が円滑に仕事できるように調整することも営業としての大切な仕事です。

 

当社に決めた理由

 もともと洋服関係に興味があり、就職活動を始めた当初は身近なアパレルメーカーや小売店に就職しようと考えていました。

 

 正直なところ「ダイワボウ」の名前は就職活動を始めるまで知りませんでした。活動を続けていく中で、私たちが普段使用している商品には素材メーカーが関わっていることを知り、素材づくりから携われる繊維業界に興味を持ちました。

 

  数ある繊維会社の中でも、当社に入りたいと思った理由は2つあります。

 1つ目は総合繊維メーカーとして衣料品や生活資材など様々なフィールドがあり、面白いと思ったこと。2つ目は、少数精鋭主義のため自分の可能性を大きく広げられると思ったことです。

 

 実際に入社してみて、寝装用途の中材に生活資材で使用している商品を採用したり、総合繊維メーカーとしての強みや面白みを感じました。

 上司やさまざまな方の意見を取り入れながら、自身の考えや実践したいことに沿った活動を行うことができます。若い時から充実した仕事を任せてもらえたことに喜びを感じています。

 

当社の良い所

 若い時から裁量ある仕事を任せてもらえることが、当社の良い所と考えています。

 私は、入社1年目の頃に海外へ出張して生産体制の管理をするなど、責任ある仕事を任せてもらいました。

 

 もちろん、知識不足や経験不足により失敗したこともたくさんあります。しかし、その経験を活かし、次はどうすれば改善できるのかと自分自身で考えるようになり、自身の成長に繋がりました。

 

 自分自身で考え行動し、成果が表れると楽しいですし、やりがいを感じます。

 「裁量ある仕事をもらえる」といっても、仕事はひとりの力では完結しません。上司や他部署の人と関わり、協力を互いに得ながら作り上げていきます。

 

 時には、叱咤激励されることもありますが、自身で考え、主体的に取組んだうえでの失敗なら、結果に対して叱責されることはありません。チャレンジする人を皆がフォローし、推奨する土壌があります。

 自らチャレンジし、成長することに喜びを感じる人にはピッタリな環境だと思います。

 

学生へのメッセージ

 就職活動は大変なこともたくさんあると思いますが、自分を見つめ直し、視野を広げる良い機会だと思います。初めから業界や職種を決めつけずに、幅広く情報収集することをおすすめします。

 

 私も初めは繊維業界については全く知識がありませんでしたが、話を聞いているうちに自分のやりたいことや能力を活かせると思うようになり、興味を持ちました。

 

 社会人生活は長いですし、さまざまな業界・企業を知ったうえで、自身が納得した会社に入ることが一番だと思います。

 学生から社会人になることへ不安もたくさんあると思います。社会人になると、人間関係や時間の自由度、学生時代とはまったく違った大変さがあります。ですが、それ以上に楽しいこともたくさんあります。

 

 学生の時には話す機会がない人とも出会うことができますし、仕事を通じて相手から認めてもらえると、とてもやりがいを感じます。

 少しでも「ダイワボウ」に興味もってもらえたなら、ぜひ一度、当社の雰囲気を直接見てもらえたら幸いです。

採用メッセージ

ページトップ