ダイワボウグループ 公式採用サイト

先輩社員紹介/Member

ダイワボウプログレス株式会社
産業資材営業部 ゴム製品課
関西学院大学 理工学部 卒業
H.Y

H.Y

ダイワボウプログレス株式会社
産業資材営業部 ゴム製品課
H.Y関西学院大学 理工学部 卒業

現在の仕事内容

 私は、2014年に入社しました。

 現在は、ゴムスポンジ製品の販売を担当しています。

 

 「スポンジ」と聞くと何をイメージしますか?

 一般的にキッチン用スポンジなど水を通す発泡体を思い浮かべる方が多いと思いますが、当社が扱うスポンジは少し異なります。

 

 ゴムスポンジと呼ばれ、用途としては緩衝材・パッキン材、車輛(車のドア部分)・家庭用電化製品(LED照明のパッキン)・住宅建設資材(窓枠のパッキン)など、使用分野は多岐にわたります。商品として目にする機会は少ないですが皆さんの日常生活にも大きく関わっています。

 

 私の担当エリアは東海・北陸地区が中心のため、お客様との物理的な距離は少々ありますが、当社製品に関する情報やご要望を入手するため、お客様先へ頻繁に訪問し社内へ報告することで、新たにニーズに合う製品開発に繋げられるよう心掛けています。

 

仕事をするうえで心掛けていること

 周囲とのコミュニケーションを大切にすることです。

 お客様とは密に連絡を取り合い状況を把握することで、迅速な対応ができるように心がけています。

 

 お客様だけでなく、仕事を円滑に進めるためには社内外の関係部門の協力も必要です。上司、同僚、製造現場との「報告・連絡・相談」を徹底し、情報の共有を図っています。

 また自分ひとりで仕事を進めているのではなく「会社=チーム」であることを意識し、「相手の立場になって物事を考えること」を大切にしています。

 

 経験が浅く、先輩に比べるとまだまだ視野が狭いなと感じることもありますが、これからさらに周囲との連携をはかり業績の向上を目指したいです。

かかわった仕事で一番印象に残っていること

 入社2年目に担当していたお客様より、商品開発を依頼され新製品を販売したことです。

 

 お客様と技術担当者は直接打ち合わせはせず、営業が双方の架け橋となり意見や提案をまとめるため大変苦労しましたが、技術担当者と何度も試作を繰り返し、お客様にご納得いただける製品を目指しました。

 その甲斐もあり、開発した製品は継続的な受注をいただいています。

 

 タイトな納期の中、ものづくりの難しさや楽しさを実感しましたが、商品開発の相談にのってくれる上司が頼もしかったです。

 今後も当社でしかできない「技術力を生かしたものづくり」を追求し、相談される先輩となれる日を目指しています。

学生へのメッセージ

 就職活動を進めるうえで、なかなか思う様に進まなかったり、友達と比較してしまったりと不安なことがたくさんあると思います。ですが、就職活動中は自分に向き合う貴重な時間でもあります。

 

 私は理系出身ですが、人と関わり成果が目に見える仕事がしたいと考え、研究職や技術職ではなく営業職を志望しました。理系出身の営業職は珍しいですが、逆にそれを自分の強みとし、学生時代の知識や経験を現在の業務に活かせていると感じています。

 「自分が何をしたいのか」「何に向いているかがわからない」ときは、いろんな業種の説明会に足を運んでみるのも良いと思います。

 周囲の意見から自分の可能性を狭めることなく、焦らずに自分の将来について考えてみてください。

 

 いつか一緒に働けることを願って応援しています!

採用メッセージ

ページトップ