ダイワボウグループ 公式採用サイト

先輩社員紹介/Member

ダイワボウポリテック株式会社
美川工場 生産技術課
岡山大学大学院 自然科学研究科 修了
S.W

S.W

ダイワボウポリテック株式会社
美川工場 生産技術課
S.W岡山大学大学院 自然科学研究科 修了

現在の仕事内容

 私は2016年に入社しました。

 入社後は生産部門である工場へ配属され、生産現場での実務を経て現在の美川工場生産技術課へ正式配属となりました。

 

 現在は生産ラインの改善と新規技術の導入を担当しています。

 工場の生産性を高めることはもちろん、作業者の負担軽減や作業環境の改善なども担当しており、いかにして現場の課題を拾い上げるかが重要になります。また、研究部門が創出した新技術を、工場で安定化させるための技術支援も我々の仕事です。

 

 こうした中で必要となってくるのが、各部門との連携です。

 管理者のみならず、現場作業者や各部門と密にコミュニケーションを取り合い、それぞれの希望や要望、出来ることをまとめることで、生産現場をより良くしていくことができます。


 多方面の知見と各部門との信頼関係、そして発想力と行動力が求められる仕事ですが、やりがいもまた大きく、魅力的な仕事です。

 

会社の雰囲気

 一言でいえば、風通しの良い職場です。

 

 上司との距離が近く、相談や意見交換を気軽に行うことができます。また、横のつながりも強く、非常に連携の取りやすい職場だと感じます。

 職場にはユニークな方が多く、また幅広い年齢層の方が勤めていますが、皆さん気さくな方ばかりで、冗談も言い合えるような雰囲気です。

 一方で、仕事には情熱的に向き合っています。

 よりよい製品とより良い作業環境をつくるという共通意識を持って、日々全力で取り組んでいます。

 

 社内で行われる会議では、時には議論がヒートアップしてしまうこともありますが、各々が自覚と強い責任感を持って仕事をしている証であり、職場を良くしたいという想いを強く感じます。

 また、風通しが良く普段からコミュニケーションをとっているからこそ、本音で議論ができるのだと感じます。

 

 和気藹々とした中にも、アツいハートで仕事に取り組む。メリハリのついた働きやすい職場です。

学生へメッセージ

 自己分析に企業研究、説明会に面接対策と就職活動はやらなければならないことがたくさんあります。

 

 長期にわたって集中力を維持しなければならず、辛い時期もあるかもしれません。ですが、自分の中の芯を見失ってはなりません。自分に嘘をついて得た結果からは何も生まれないでしょう。

 後悔しないように…とよく言われますが、ヒトはどうしても後悔をしてしまう生き物です。どのような選択をしても、どのような結果になっても必ず後悔はついてきます。

 

 私たちにできることは、その後悔をできるだけ小さくすることです。そのためには、出来ることは全て実行して、打てる手を打ち尽くして、自分はやりきったのだと胸を張って言えることこそ大切なのだと思います。

 就職は長い学業のゴールです。どうか、今の学生生活を全力で走り切って下さい。そしてまた、就職は長い長い人生の新たなスタートです。どうか、最高のスタートを決めてください。

 

 近い将来、皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

採用メッセージ

ページトップ